2017年8月19日土曜日

◆ アメリカでは日食

  日本時間の8月22日にアメリカで皆既日食が見られます。さっそく出発した方もおられますが・・・。
  ところで、この日食の際に、日食の影と相対するように明るい領域が移動していくことを御存知でしたか?!
  これは、昨年3月9日の皆既日食をひまわり8号が撮った画像です。(NASA提供)
白く囲んだ部分がその明るい部分ですが、分かりますか?!
  You Tube で「宇宙から見た日食 20160309」などと検索すると、動きが分かる動画を見ることができますのでご覧下さい。
  ともすると、日食は暗くなる部分ばかりに目が行きがちですが、逆に明るく輝く部分があるのです。日本では関係の無い今回の日食ですが、この明るい部分が見えたり・・・・・しない(*_*)ですね!

2017年8月9日水曜日

◆ 部分月食

 
   昨日は、夜半過ぎから明け方にかけて部分月食が見られました。台風の影響と思われる強風と、時折、雨粒が飛んでくるような天候でした。
   西側が開けていて、鳥海山が見えるところ・・・ということで、今回は、かつてよく行ったことのあるリンゴ園に出かけました。以前はリンゴの木がたくさんあったのですが、芝生のようになっているところが増えていました。今回の場所も、リンゴの木が大きくなって視界が悪くなったため、行かなくなっていたところです。今では大きな木も無く、遠くまで見通せるようになっていました。
 雲がなければ秀麗無比なる「鳥海山」をバックに月食の写真が撮れたのですが、でも、その雲のおかげで光が適度に弱められて、欠けた月の形が何となく分かりますから、こんなものかな?!

2017年8月1日火曜日

◆ M13 に挑戦!

 先日7月26日は、久しぶりの素晴らしい星空でした。
そこで、以前から考えていたステラショットによる撮影に挑戦してみました。対象はミューロン210直焦点によるM13です。 
赤道儀や望遠鏡のセットに時間がかかったものの、撮影はたいへんスムーズでした。
オートガイドの機材がありませんで、ISO6400の20秒撮りノータッチガイドです。
RAW画像6枚をコンポジットしたものをトリミングしてあります。こんな写真ですが、今まで撮ったM13の中では、いちばんの出来映えです。
 ステラショット恐るべしです! 因みに使ったのは体験版です。皆さんもぜひ体験してみてはいかがですか。 

2017年7月31日月曜日

胎内星まつり2017

満天星さん フジタさんと3人で胎内星まつりに行って来ました(^o^)/
フジタさんは何度か来てますが、満天星さんと私は初めてです(^O^)雨が降ったり止んだりのあいにくの天気でしたがフジノンの15cm双眼鏡で月を観れたのが良かったです(^^)v

フジノン15㎝双眼鏡を覗く帝国軍兵士 
胎内星まつりでの収穫



   抽選会で当たった胎内星まつりTシャツ


2017年7月30日日曜日

✶ 胎内星祭りに行ってきました (^_^)


いつもの年なら、8月最終末の金~日の開催なのですが、今年は8月22日アメリカ皆既日食のため、1ヶ月早く行われました。横手からは会員3名での参加でした。
 8月最終土曜日といえば、秋田県人にとっては、見逃せない「大曲の花火」の日。そのため、私は今回が初めての参加です。もちろん、横手からは何度も行っているベテラン会員が数名おりますが・・・・・。
 夜には月もちょっとだけ顔を出し、いろいろな機材で見比べることができました。
 
  開会式は19:30から、続いて恒例の柳家小ゑん師匠の星空落語がありました。

この夜(金曜日の夜)は、夜半過ぎに大雨が降って心配しましたが、土曜日は、ほどよい曇りとなりました。
 土曜日の午後になると、ほとんどの店が開きました。
あんなのからこんなのまで、ふだん見られない機材が集結!


 

  
 
 左は、コンパクトなボディにPCからバッテリーまでヘビーデューティーな機器がぎっしり!これで撮った写真の素晴らしいこと!








 右は昭和機械製作所SHOWAの移動用赤道儀。
もっと若かったら、こんなのを運んでもよいのだけれど・・・。
 
 抽選会では、会長がXLのTシャツをゲットしました。抽選番号は700番台が最後のようでした。
 店に並んだ品物はいつもより少ない印象だったようです。今年最初の星祭りとなったことで、後のために品数が少なかったのかもしれません。
 詳しい報告は例会の際にでも・・・・・。
 
 
 

2017年7月21日金曜日

天の川とホタル

フジタです。

暑い日が続きますね。

ことしはホタルも遅いようです。

先日購入したケンコーのスカイメモSで撮影してみました。

設置も楽チンで機動力が上がりました。

トキナーのAT-X 116 PRO DXⅡもなかなかいいレンズです。

どちらもジャンクだったのですが…。

ホワイトバランスをわざと崩してみました。

やるならもっと派手にやるべきなんでしょうか…。

2017年7月15日土曜日

◆ 熱くて融けてしまいそうです・・・

 
 

 連日暑い日が続いています。
とうとう、私の持っている太陽双眼鏡のビノマイトも融け始めました!?
 と言っても、表面のゴム様のソフト処理された部分の話です。熱くて・・・というより、正しくは経年劣化によるもののようです。ベタベタしてきたのでこすってみたら、文字が融けて崩れて無くなってしまいました。因みに光学性能には何ら問題はありません。私の頭の中も経年劣化で、こんな風になっているのかも・・・  (*_*)

SOHO  LASCO C3 DATA
この暑さに直接関係はないのでしょうが、昨日14日、太陽で、珍しくM2(中程度)規模のフレアが観測されました。太陽活動極小期に近づく中のことで、ちょっと意外な感じもします。この磁気嵐が地球に到達するのは、明日16日頃になるそうです。
 こんな時に極地方にいれば、さぞ素晴らしいオーロラを見ることができるのでしょうね。

2017年7月11日火曜日

✶ 「第9回 空案内人の集い」に参加してきました!



栃木県那須高原で開催された「第9回 星空案内人の集い」にゼウスと二人で参加してきました。

稲妻の音が鳴り響く中、横手星の会の旗とともに会場にゼウス降臨!
 
いつもの口調で自己紹介と会の紹介をして、大好評でした。
結果は・・・・・。
 
別室では、様々な展示物も・・・・・。
ひとつひとつが見応えのあるものばかり・・・・・。
 
その中でも、際だって存在感をアピールしていたのが、Nikonの超高級双眼鏡WX!
それが、7倍と10倍の2台並べて見放題・・・。合わせて100万円超!とにかく、驚くほど広い・見やすい・きちんと見える!  スーパーカーのような双眼鏡」と形容していた方がおられましたが、その通りの双眼鏡でした。
 欲しいけれど手も足も出ませんね (*_*)  詳しくは、星ナビ8月号をご覧アレ!


 
夜にはホテルの前で、観察会!
何でもこちらでときどき観察会をしているのだとか。宿泊客もたくさん見に来ました。

 始めのうちは少し雲があったのですが、次第に晴れ間が広がり、NikonのWX双眼鏡で星空を堪能しました。何と超広い視野の隅々まで☆が「・」のままでした。

 Astroartsの方が StellaShot を観察会用に実演してくれましたが、こんな使い方もできるのだと感心しました。小学生くらいの子供が使いこなしている姿にビックリ!でした。

夜は、ホレこの通り!  どんなに楽しい夜だったかはご想像にお任せします。
 
2日目に「渡部潤一奨励賞」の発表がありました。
 1位はいつも痒いところに手が届く素晴らしいオリジナル天文グッズを持ってきてくれる、大田原市ふれあいの丘天文館の 梁島 隆 氏。
 そして、同票で、こちらも身近で深いアプローチで新たな境地を開拓し続けている東北大学天文同好会OBの原田 敦  氏。今回は「コンデジでニワトリ(庭撮り)」という題で、コンデジの可能性を紹介してくれました。
 そして、ゼウスが7ポイントで3着でした。「渡部潤一奨励賞」には届かなかったものの、何と、火星儀をいただいてしまいました。渡辺教具製作所製で市価10000万円以上もするシロモノです。来年は火星大接近の年で、出番が増えそうです。またまたゼウスグッズが増えました。
 いちばん右側が、天文サークル星空の会・白河天文同好会・日本天文愛好者連絡会・福島県天文協会に所属しながら、この「星空案内人の集い」を主宰してくださっている 吉田 裕 さんです。吉田さんの尽力で、この会も9回を重ねるまでになりました。


  いっしょに写っているのは、ホレ、星ナビで連載している「星の召すまま」を書いている由女さんですよ! そのうち、「ゼウスの召すまま」なんて、ゼウスのイラストが登場したりして・・・・・。いよいよゼウスの全国デビューです!
 帰りは気温37℃という福島県を疾走し、仙台市天文台のプラネ鑑賞をして、鳴子温泉に浸かって帰ってきました。
 とても充実したGOODな2日間でした。
 
 


2017年6月29日木曜日

◆ 「銀河鉄道の夜」・・・・・


 昨夜はちょっとモヤっていたので、星野にするか土星にするか迷いました。でも、梅雨前の最後の晴天だろうと、思い切って岩手のお気に入りのポイントまで遠征しました。
 運良く温泉施設は20:30といつもより早く終了したのですが、月が沈むのが22:30頃とあって、しばらくムダな時間を過ごしてしまいました。
 南の地平線近くはモヤと月明かりで明るく、使いモノになりませんでした。北の空に目を向けてみると、春の北斗七星から、夏のはくちょう、そして秋のカシオペアまで一望できました。そこで今回は、温泉施設を汽車っぽく見立てて、「銀河鉄道の夜」のイメージに仕上げてみました。
 それにしてもこのシグマの 15mmF2.8 は20年以上も前のレンズですが、現在も遜色なく素晴らしい描写をしてくれます。Nikon マウントに 近代インターナショナルのCanon アダプターを付けて使っています。☆のボヤンとしたイメージは、Cokin の No.3 ソフトフィルターによるものです。

本格的な梅雨に入る前に!

せっかく新しい赤道儀にしたのに、
その扱いに手こずっている川井です・・・

なんとか300mmレンズでも3分間は
星が止まって写る様になりました。

問題は構図が、自動導入に任せていると
対象がど真ん中に入ってしまうので、ちょっとずらしたい時に
どっちに動かしていいか分かりません(T_T;)

まだまだ、勉強が足りませんね・・・





2017年6月24日土曜日

◆ 久しぶりの土星


 昨夜は天気が回復して星夜となりました。透明度が良く、気流も比較的落ち着いていたので、久しぶりに土星の撮影にチャレンジしました。土星の撮影記録を調べたら、前回は2015年7月11日ということで、2年ぶりです。
 以前から、惑星を撮影する際の大気分散による色のズレが気になっていたので、今回はZWOの可変ウエッジプリズムを使用してみました。その効果が現れて、以前よりもシャープなイメージになった感じがします。
 システムは、μ-210+×2.5パワーメイト+imagings sourceDFK21AU で1000フレーム3000コマのうちの良い方1500コマをRegistaxでスタックしたものです。パワーメイトと撮像素子の間にウエッジプリズムを入れたために、ほどよい拡大率になりました。
  DFKは8bit処理なので、階調がゴツいです。セレストロンのSkyrisやZWOのASIシリーズなどは12bitなので、もう少し滑らかになるのかもしれません。
 土星は木星と比べると暗いので、シャッター速度が1/15、ゲインが900程度になってしまいます。ネットでは惑星の細かな描写の写真がたくさんありますが、もう少しうまく撮れないものかと思案しています。来年は火星が大接近するので、それまでに、もう少し撮影技術を磨きたいものです。 
 
 
 

2017年6月20日火曜日

◆ 6月定例観察会

 
日中の「星空への招待」に引き続いて、夜は秋田ふるさと村第4駐車場で観察会を行いました。農機具展示会が行われていて、会場使用でハプニングがありましたが、無事に行うことができました。
 ここしばらくの間ではいちばん!と思えるような素晴らしい天候で、土星のカッシーニの隙間はもちろん、エンケのエンケの空隙まで見えそうなくらいでした。ゼウスは太田のラベンダー園に出張で、星のことなら何でも知っている Sさんが星空案内をしてくれました。日中来てくれた方も多く、たくさんの皆さんと春の星座や星々を夜遅くまで楽しみました。

◆ 「2017 星空への招待 ~春~ 」

  始まる1時間も前から並んだ方もいて、開場間際には長蛇の列となりました。

 今回もスペーシアいっぱいのお客さんが来てくださって、ほぼ満席に近い状態でした。
 
  星空案内人の横手星の会の看板スター “ゼウス” に後光が差しています。
 LEDライトの焦点をあまりに絞りすぎて、チップの形そのままになってしまいました。
反省   <(_ _)>
かみのけ座やへび座などあまり聞き慣れない星座も神話を取り混ぜて春の星座や星々をじっくりていねいに案内してくれました。
 エンディングはスペーシアいっぱいに広がる美しい秋田の夜空でした。















 上映終了後は、アンケートを書いてくれた方に写真を差し上げました。
 

 これを目当てに来るリピーターもいるとか?! 「それ、前にもらった。」という声も聞かれました (^_-)
 



2017年6月14日水曜日

◆ 久しぶりのお天道様


 昨夜は久しぶりに晴れたものの、土星を撮ろうかと思ったら薄雲が出てきて断念(-_-;)
 今朝は素晴らしい晴天でしたので、しばらくぶりに太陽に目を向けてみました。
黒点は見られませんでしたが、縁のあちらこちらからプロミネンスが出ていました。太陽表面とは明度差が大きく、両者をうまく撮るのはなかなかたいへんです。

2017年5月31日水曜日

◆ 6月17日(土)は「星空への招待 ~2017春~」

 

 再来週  6月17日(土)は、 「星空への招待 ~2017春~」です。

 ゼウスが「春の星座を楽しもう」というテーマで、お話を聞かせてくれます。
 今回は大判ポスターは作成せず、上のような子供向けフライヤー(チラシ)を市内各小・中学生みんなに配布することで準備を進めています。来週末には届くと思いますが、開催日ギリギリの配布になりそうです。
 みなさんお誘い合わせの上、お出で下さい。会員の皆さんにはPRをよろしくお願いいたします。

2017年5月25日木曜日

横手南小学校 依頼観望会

5/24 横手南小学校5年生「きら星学年」の宿泊学習にお招きいただき
保呂羽山少年自然の家に行ってきました。

あいにくの曇天で外で実際に望遠鏡を
覗いてもらうことはできなかったのですが、
ホール内でゼウスの星の解説をたっぷりお聞きいただきました。

春の代表的な星座、夏の大三角、誕生星座、からす座のお話など
盛り沢山の内容です。

続いて満天星さんによるちょっと難しいお話。
宇宙の始まりから、ちょっと気になる天文・宇宙の現象など。
最後はシミュレーションソフトを使用して地球を飛び立ち
太陽系をめぐって銀河系へ、さらに宇宙の果てまで
宇宙旅行を楽しんでいただきました。

みんなの心の中にある素敵な「きら星」を
輝かせて、この後の学校生活も頑張ってくださいね★


2017年5月20日土曜日

連日の晴天

平鹿町で撮影していたはずの満天星さんを
わざわざ千畑まで呼び出して撮影に付き合わせた川井です(^^);

新しい赤道儀でもR200SSの焦点距離になると
1分程度がノータッチガイドの限界でしょうか?
とりあえず、赤道儀の使い方に慣れることから始めます。

写真はすべてR200SS ISO1600 90秒
トリミングありです。